黒ずみケア

傷あと改善薬のアットノンは黒ずみにも使える?用法・用途の全て

小林製作から販売しており、料理出来た火傷や虫刺され、乾燥によるぱっくり割れなどのあらゆる傷をケアすることができるアットノン。CMや雑誌でもよく宣伝されていますし、一度は使ったことや見たことがある人も多いですよね。

家庭で一つは常備しているお家も多く、子供にも使うことができます。様々な傷跡をケアできるアットノンですが、ネットの口コミではアットノンは黒ずみにも効果があるなんて噂も出てきています。

傷跡を治せるほどの成分が配合されているアットノンなら、黒ずみを消す効果も期待できそうですよね!アットノンには黒ずみを消すことはできるのでしょうか?

>>楽天でアットノンの詳細を確認する

アットノンには黒ずみケアはない?噂の原因とは…

結論から申しますと、アットノンだけでは黒ずみを消すことはかなり難しいでしょう。

アットノンには黒ずみの原因であるメラニンの刺激を受けにくくさせるバリア機能を高める作用はありますが、これだけでは黒ずみを消すことは不可能に近いです。

しかし、なぜアットノンの口コミで黒ずみにも効果があるなんて噂が出たのでしょうか?

その原因はアットノンに配合されているヘパリン類似物質が大きく関係しています。

このヘパリン類似物質には肌の新陳代謝を高め、年齢ともに遅れてくれる肌のターンオーバーを正常に戻す作用があります。

新しい肌細胞を再生させる手助けもしてくれるので、アットノンは傷跡に効果があるのですが、肌細胞を新しくし、肌の代謝を高める作用があるので、それなら黒ずみにも効果があるのでは?と憶測が出ていたようです。

確かに黒ずみを消すためには肌の代謝を高める作用や肌細胞の活性化は必要なことですが、それだけでは黒ずみを消すことはできません。

アットノンには美白有効成分や古い角質を除去するピーリングなどの効果がある成分が配合されていないので、全く効果がないわけではないのですが、アットノンだけで黒ずみを消すには成分が弱すぎるのです。

デリケートゾーンの黒ずみへの使用は絶対NG!

女性が特に黒ずみは起こりやすい体の部位といえばデリケートゾーンです。

デリケートゾーンはムダ毛の自己処理や下着の摩擦を受けやすく、肌の刺激も受けやすいので、どうしても女性はデリケートゾーンに黒ずみが起こりやすいので、アットノンでデリケートゾーンの黒ずみが消えるなら試してみたくなりますよね。

しかし、アットノンはそもそもデリケートゾーンに使用していいように作られていないので、もしデリケートゾーンの黒ずみの部位にアットノンを塗ってしまうと、炎症や痒みなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

どうしてもデリケートゾーンの黒ずみが気になるのであれば、アットノンではなく、デリケートゾーン専用の黒ずみケア商品を使うようにしましょう。

黒ずみを安全に治したいなら黒ずみケア専用商品を

アットノンが黒ずみにも効果があれば、傷跡を治す効果もあって一石二鳥だったのですが、残念ながらアットノンだけでは黒ずみを治すことはかなり難しいでしょう。

しかし、黒ずみのケアが遅れるほど、メラニン色素沈着は濃くなっていき、治すのにどんどん時間がかかってしまいます。

本格的に黒ずみケアを始めるのであれば、アットノンではなく、黒ずみケア専用の商品を使って効率的に黒ずみをケアしていきましょう!

市販で買うのはちょっと恥ずかしい…という方も、今ではネット通販で気軽に手に入れることができるので、すぐにでも黒ずみケアを始めることができます。

アットノンはあくまでも傷跡を目立たなくさせるために作られた商品です。

本気で黒ずみを治して行きたいのであれば、アットノンではなく、黒ずみケア専用の商品を利用して、自分の肌への自信を取り戻しましょう!